NEO・Pの小屋 廃線・廃車体巡り

日立電鉄 モハ12 モハ110

日立市内

仕事で日立市内を走行中に偶然発見した日立電鉄の電車廃車体です。
重機と木材運搬の会社の敷地になるようです。
手前側が「貯木場」と書いてある駐車場で、そちら側からはよく観察できます。

2010年6月17日

モハ12
日立電鉄自発注の電車だそうですが、どうみても地下鉄銀座線です。同タイプと言われています。
両運転台ですが、両端で表情が違うあたりにローカル私鉄電車臭さを感じられていいですね。
車内は機材置き場になっていますが、ほとんどオリジナルのままの様子です。床下の機器類はすべて無く、地べたに直に置いてあります。

モハ110
表記は見えないのですが、どうやらモハ110らしいです。
この顔はどうみても静岡鉄道ですね。わかりやすいです。側面を見ていて小田急線を彷彿とさせてくれるのはなぜでしょう?私だけでしょうね。モハ12より荒廃が進んでします。軽量化のためにパネルを薄くしたと言いますから、朽ち果てるのも早いかもしれません。
写真もけっこう撮ったのですが、どういう訳かこの2アングルばかりでした。車内もガラス越しに覗けますが汚れが激しくてどうやっても写りませんでした。
帰って調べると、どうやらこの運送会社さんは日立電鉄の廃車体を軒並み持っている様子です。まあ、運搬はお手の物でしょうからね。道路を挟んだ事務所の敷地にもワム80000あたりの車体がありましたし。
それに限らず、日立電鉄の電車はこのへんに沢山あるようなので、こんど巡ってみようと思います。
 
従って、続きますよ〜。

おまけ
すぐ側に模型屋さんの看板があって気になって行ってみたら、元銀座線のモハ2023がでん!といました。
ちょっとびっくりした。廃止前に旧型電車色に塗り替えられていた電車ですね。
画像掲載等はお店の認可を受けろとのことですが、許可をまだいただいていないのでこっそりと貼ります。
CANON IXY920IS

おまけのおまけ
モハ2023現役の頃 鮎川駅
2009年10月 鮎川駅跡の様子  今年日立の帰りに通ったら住宅建設中でした。


HOME

Back
inserted by FC2 system